コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

気分は天平人 1300年祭 施設公開(産経新聞)

 平城遷都1300年祭のメーンイベントが開催される奈良市の平城宮跡で16日、報道陣向けの内覧会が行われた。復原が完了した第一次大極殿や遣唐使船が披露され、歴史や文化を楽しく学べる意匠が凝らされた施設が公開された。イベントは24日に開幕する。

 第一次大極殿は、当時の建築技法で約10年がかりで復原された国内最大級の巨大木造建築。屋内には天皇が着座した高御座(たかみくら)も再現され、国家草創期の威信発揚の意気込みを肌で感じさせる。

 大陸文化を吸収するため人々が命がけで海を渡った遣唐使船も復原。併設の「平城京歴史館」では、渡航の様子や平城京の暮らしをスクリーンで紹介する。奈良時代の仕事や天平衣装を気軽に体験できる「なりきり体験館」は親子で楽しめ、文化財の発掘作業も疑似体験できる。

竹林の男性遺体、事件とみて捜査=死後2~3年、40歳前後か-神奈川県警(時事通信)
ISS 宇宙でお国の自慢料理食べ比べ?日米露の飛行士(毎日新聞)
舛添氏との連携を否定=橋下大阪知事(時事通信)
<火災>放火か 東京・足立2人死傷(毎日新聞)
福岡の英会話学校米人、わいせつ容疑4度目逮捕(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

3歳女児意識不明、母「カッとなって」落とした(読売新聞)

 3歳の次女をテーブルから落とすなど暴行したとして、福岡県警博多署は12日、福岡市博多区博多駅南3、無職山崎志穂容疑者(27)を暴行容疑で逮捕した。

 次女は近くの病院に搬送されたが、意識不明の重体。同署は、次女の手足にやけどの跡やあざがあることから、日常的に虐待していた疑いがあるとみて調べている。

 発表によると、山崎容疑者は11日午後10時10分頃、自宅の和室のテーブル(高さ35センチ)の上にいた次女の山本心結(みゆ)ちゃんの背中を押し、畳に落とした疑い。山崎容疑者は「テーブルに立っていたので、カッとなって押した」と容疑を認めているという。

 山崎容疑者は事件後、「娘が呼吸をしておらず、意識がない」と119番。救急隊員が駆けつけた際、山崎容疑者はぐったりした心結ちゃんを抱いて玄関ドア前に立っていた。心結ちゃんは、口元から出血し、心肺停止の状態だったという。

 心結ちゃんの全身には、殴られた時にできる皮下出血のような跡があり、手足にもやけどの跡があった。このため、救急隊員が虐待のおそれがあるとして110番した。

 山崎容疑者は、小学2年の長女(7)と心結ちゃん、同居の男性(31)と暮らしている。男性は当時、仕事で外出していた。娘2人は山崎容疑者の連れ子で、長女には虐待を受けた形跡はないという。

 近くの主婦は「3月頃から山崎容疑者の部屋では、どなり声や女児の泣き声がしていた。11日午後10時頃にも、大声で怒っている声が聞こえた」と話している。

 山崎容疑者は「やけどをさせたのは自分ではない」とも供述しており、同署は男性からも事情を聞いている。

 福岡市こども総合相談センターによると、心結ちゃんは当初、熊本県の児童養護施設に預けられていたが、「長期外泊」で母親の所に戻っていた。

 その後、同県中央児童相談所が母親と同居できるかどうか判断するため、同センターに昨年12月25日付の文書で家庭環境の調査を依頼した。

 これを受け、センターは1月5日、職員が自宅に出向いて山崎容疑者と面会したが、一緒にいた心結ちゃんにおびえた様子がなく、顔や手にあざが見当たらなかったことから、虐待はないと判断。熊本県に「同居しても問題ない」と連絡したという。同居中の男性とは面会していなかった。

北日本や北陸、15日にかけて大荒れの天気(読売新聞)
小学校屋上から男児転落=天窓踏み抜く、意識あり-鹿児島(時事通信)
修復終え黒漆塗りも鮮やか 銀閣寺お披露目(産経新聞)
ペット死体の大量投棄「被害者の会」結成へ(読売新聞)
<大麻栽培容疑>54歳父と20歳長女逮捕、自宅庭で 静岡(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監-警視庁(時事通信)

 11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に備え、警視庁は5日、「第1回APEC警備対策委員会」などを開催した。同日付で着任した岩瀬充明副総監は「東京が主戦場の一部で、北海道・洞爺湖サミット以上に厳しい警備となる」と訓示した。
 岩瀬副総監は「国際テロの脅威は高く、国際会議では反グローバリズム勢力が会場周辺で大規模デモをし、暴徒化の現象がみられる」と指摘。「事前の対策が成否に直結する」として、各部の緊密な連携や、交通規制に協力が得られるような情報発信、機動隊の実践的訓練の重要性を挙げた。 

【関連ニュース】
手配写真を更新=日本赤軍メンバー
「危機感共有し、完遂を」=APEC警備で対策会議
APECジュニア会議が閉幕=平和求める宣言採択
自由化評価、6月に報告案=日本APEC、初会合閉幕
自由化の進展を評価へ=広島で事務レベル会合開幕-APEC

<火災>親子3人が重体…事務所兼住宅焼く 川崎(毎日新聞)
フィギュア 村上佳菜子選手が高校入学式(毎日新聞)
検察官役の弁護士追加 JR西3社長起訴議決で4人目(産経新聞)
石原知事が同席 新党協議始まる (産経新聞)
<恐喝>容疑で店長逮捕 万引犯から現金脅し取る 岡山(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

千葉女子大生殺人、ATM男6回目の起訴 一連の捜査は終結(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年10月、千葉大園芸学部4年の荻野友花里さん=当時(21)=を殺害したなどとして強盗殺人罪で起訴された住所不定、無職、竪山辰美被告(49)について、千葉地検は31日、別の女性への強盗致傷罪や3件の窃盗罪などで追起訴した。竪山被告の起訴は、今回で6回目。県警によると、竪山被告に対する一連の捜査は終結した。

 起訴状によると、竪山被告は昨年10月31日午後8時半ごろ、同県印西市の駐車場で、女性(22)を突き飛ばし転倒させ、顔を殴るなどして軽傷を負わせたうえ、金を奪おうとするなどしたとされる。

【関連記事】
千葉の女子大生殺人 「清楚な顔立ち」「誰とでも気さくに会話」
千葉女子大生殺人 荻野さんのカード窃盗で再逮捕
千葉女子大生殺人 40代の男関与か 防犯カメラ画像と酷似
ATM男、強盗殺人罪などで起訴 千葉大女子学生放火殺人
ATM男周辺に新疑惑、未解決事件に酷似

参院選公約「財源優先を」=民主研究会で相次ぐ(時事通信)
唐澤・森両陣営の役員候補重複を批判―埼玉県医・金井次期会長(医療介護CBニュース)
小沢氏が資産等報告書訂正…ホテルの土地など(読売新聞)
<事業仕分け>第2弾に新人議員も参加(毎日新聞)
水俣病訴訟で初の和解成立=公式確認から半世紀余り-一時金210万円・熊本地裁(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

児童虐待 過去最多 21年、子供が申告も(産経新聞)

 全国の法務局が平成21年に救済手続きを始めた人権侵害のうち、児童虐待は前年比15・6%増の725件、インターネット上の嫌がらせの書き込みは52・6%増の786件で、いずれも過去最多となったことが26日、分かった。

 法務省人権擁護局は、虐待について「児童からの申告が増え、潜在化していたものが浮かび上がってきたのではないか」とみている。

 人権擁護局によると、人権侵害の総数はここ数年は横ばいで、前年比0・9%減の2万1218件。暴行・虐待が5099件と最も多く、うち家族による児童虐待は4年連続で増えた。

 法務局が全国の小中学校を通じて配った「子どもの人権SOSレター」を使い、叔父からの性的虐待を申告、児童相談所に保護されたケースもあった。

 プライバシーを暴露するようなネット上の嫌がらせも毎年増加。法務局は81件でプロバイダー(接続業者)らに削除を求めた。

<小沢幹事長>副幹事長職を慰留、生方氏が了承(毎日新聞)
<新型インフル>水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析(毎日新聞)
【from Editor】懐かしい音と言わないで(産経新聞)
陳情の野中広務・土改連会長、小沢氏また門前払い(読売新聞)
久保が棋王初防衛、九段に昇段(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。